第1回サシで語る会ご報告

tweet share


4月16日(木)に初めての試みとなる第1回サシで語る会を実施致しました。

その様子をご報告させて頂きます。

記念すべき第1回は横浜市青葉区の株式会社新海製作所の

代表取締役 新海肇 さんです。

その工場の様子からご紹介させて頂きます。

主力の設備はツガミの自動盤です。(バーフィーダー付)

複合旋盤で長時間の無人運転が可能な機械です。





そして、先代社長(もちろん今も現役です)が使用するペンチレースです。

複数台所有してます。

職人技でミクロンの仕事をこなしていらっしゃいます。

ちなみについ最近世代交代をされました。




短納期対応で様々な仕事をこなしている会社です。

親子2人という小回りの利く小規模経営の為、お客様のご要望には積極的に

対応をされています。

そこはこれからの時代のニーズにマッチしていると思います。


そして、いよいよ”サシで語る会”の開始です!!

新海社長の地元に近い相模原に集合しました。

まずは、乾杯から!!




二人きりでの語る会は初めての為に、最初は試行錯誤でしたが・・・。

そこは同じ経営者なので、語り始めたら止まりません!!

新海社長は当初は父親の会社を継ぐ意思はなく、大阪の印刷会社で

サラリーマンをしていたとの事です。

あるきっかけで退社する事になって、そして新海製作所の扉をたたきました。

入社すると、そこはやはり親子2人っきりなので、それはとても厳しくて・・・。

ほぼ2年間怒られっぱなしだったそうです。(言い返すなんてとんでもなかったとか・)

そこは新海社長の強みの忍耐力で耐えに耐えて(ここが今の若者に足りないところでしょう)

3年目から自分の意思を父親に言うようになると衝突は生じましたが、少しづつの変化が

あったそうです。

そして、つばさ会や相模原の青工研に積極的に参加してネットワークを広げて行きました。

紆余曲折はありましたが、昨年会社を法人にして、代表も変わって世代交代を果たしたのです。

そして弊社(つばさ機械)の成り立ちやサラリーマン時代の荻原の生の話や、それはもうお互い

のサラリーまで開けっぴろげで話をしました。

サシで話した内容はオープンには出来ませんが、ここで言える事は何かというと・・・。

志と情熱とそして覚悟が一番重要な要素だというお互いの認識です。

ネットワークを広げるメリット・デメリット・・・・。

会社の規模を大きくするメリット・デメリット・・・。

自分の意見を主張するメリット・デメリット・・・。

人と人は全てが仲間になれる程簡単なものではありません。

もちろん会社と会社もそうです。

外の顏と内の顏。

本音と建前。

発信はもちろん積極的にしかも好意的にするべきです。

しかも丁寧に、謙虚に、感謝の気持ちを忘れずに。

しかし、それだけでは許されない、やはり強かな面も必要です。

この会では本音を語る事によって気付かされることが大いにありました。

なぜならば、新海社長は語る会を終わった瞬間から暫くやや放心状態に陥ってました。

もちろん良い意味です。

それは荻原も一緒です。大いなる収穫がありました!!

そして語りあったら一気に気分転換!!

よく働き、良く遊ぶが基本って事で場所を変えて気持ちを楽にして、

大いに楽しい時間を過ごしました!!


それは新海社長のこの表情を見れば一目瞭然でしょ。





そしてこの会もこれから続けて行きます。

次回はサンノー技研(有)の大野社長の予定です。

我はという方はどうぞリクエストを名乗り出て下さい。

何せ1対1ですから荻原の身体は一つなので・・・ww

冗談はさておき、男同志、経営者同士、良い時間ですよ!!






コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



トラックバックURL:   http://tubasa-kikai.co.jp/blog/2199/trackback/