8月営業活動報告

tweet share


総訪問件数は205件でした。

今月は納入・立会い、機械見学等が多く中味の濃い1ヶ月でした。

引合いも順調で新品・中古ともに受注も好調でした。

2次のものづくり助成金も9月の中旬には採択結果が出ます。

数件のお客様が申請されてますのでその結果も楽しみです。

末端のお客様の仕事は大きな変動はありません。

二極化傾向はさらに続いています。

最近廃業の話も増えて来ました。

弊社が設立してから第3波の波が押し寄せているような傾向があります。

後継者不在・先行き不安・等々リーマン後にも頑張って来ていた会社も

ついに潮時のタイミングとこのところ下取り査定の依頼が多いです。

その反面、下請けの廃業によって外注先を探している企業も増えています。

そこで次回のつばさ会はそういった会社のマッチングを目的に開催致します。

その判断基準はやはり設備力が大きく物を言うと思います。

短納期・高品質・コストの厳しさを満足知るためには設備が最重要なのです。

それに加えてやはりマンパワーも重ねて重要です。

多くの中小・零細企業がマンパワーを求めています。

これからの日本のものづくりはこういった設備・マンパワーがさらに要求されていく事でしょう。

さらには経営者の姿勢やスキルも強く求められる時代になっています。

その事は世代交代間近の会社にとっては本当に死活問題となっています。

事業継承はもちらんですが、この厳しい現状で生き抜くには越えなければいけない

ハードルはさらに高く、そして多くなっていく事でしょう。

ですからサバイバルに生き抜くありとあらゆるすべを試行錯誤しながら、

そして確実に行動を起こして進んで行かなければならない時代になっています。

ピンチはチャンスです。

チャンスはピンチです。

景気も良い悪いは受け取り方次第です。

つねに先読みをして逆の発想でどこよりも、誰よりも努力して

そして行動に移さなければ生き抜いていけないでしょう。

継続は力なりの言葉を加えてお互いに邁進しましょう!!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



トラックバックURL:   http://tubasa-kikai.co.jp/blog/2357/trackback/