不要不急ではなく要急の仕事に集中

tweet share


世の中お先真っ暗、朝から晩まで同じ内容のテレビばっかり。

何を信じて何を疑えばいいのか神経もマヒしてくるので、

この際一切地上波とは縁を切りました。

もうテロップとCMとドキュメンタリーや映画などだけでいいんじゃないの。

国民に自粛要請をして、接触を極端に減らすように言われても毎日テレビに出てる連中一緒じゃ

何の説得力もあったもんじゃないよ。まあ私の一番嫌いな世間話はこの位にして。

弊社は細心の注意をしながら、通常業務とは言えませんが、要急の仕事を続けています。

幸い弊社のお客様の中心である中小・零細の工場は稼働中です。

まだ大幅な仕事減などの変化は感じられません。

どころか、要急の営業中心にしたところこれがまさかの忙しさ。

内容は言えませんが、今週すでに6台の機械の注文を頂きました。

そして本日もご発注の打ち合わせに訪問致します。

昨日は機械の故障をしたお客様から、多忙中につき機械を停止出来ない!

メーカーはこの影響ですぐに対応できないから(意味がわかりませんが)何とかしてくれ。

はいわかりましたと言う事で急遽弊社の関連会社に訪問して頂き、瞬時に復旧。

大いに感謝されました。

テレワーク、在宅勤務が大手の会社の現状です。それはそれでいいんですが・・・。

意味はき違えてませんか?それならば自分で完結出来る仕事に集中できるはずです。

なのに、対応のスピードが鈍化している・・・。

緩んでませんか?仕事はきっちりとしてのテレワークですよ。

ステイホームは良いですが、意味が違う!

ゆっくりしろってことではありません。

こんな時こそが逆転の発想のチャンスです。

ちなみに自分はそれ以外で自由になった時間は資格の勉学やら趣味の勉強に没頭しています。

常に違った発想で現状を生きていかなければ人間的にも・能力的にも成長出来ません。

コロナに勝つ?意味が分かりません。勝ち負けじゃないでしょう。

あえていうならもう既に負けてますよ。

しかしながら長い観点で言えば必ず終息するんです。

自分はその視点一点のみで生活しています。

国もましてや他人が助けてくれるはずはありません。

全ては自分の事は自分で守るが鉄則です。

最後に人間が負けてるという事は今回のテレワーク・在宅勤務で必ずAiに

とって替わる仕事が明確になったと言う事です。

すなわち、多くの人が不要になる時代の前兆です。

人と人がふれあって初めて社会が形成されるって原点がどこかに行っちゃいましたね。

感染症の専門家はそれが仕事ですから完全封鎖のような事を言いますが、

これは絶対に不可能ですよね。

コロナの終息とともに人間社会も崩れてしまいます。(人種差別・暴動・犯罪)

ですからつばさ機械は要急のビジネス集中で仕事には邁進します。

弊社のお客様は多忙な方が多く、弊社を頼って、信用して頂いて、

本当に感謝の気持ちで一杯です。

さあ、今日も元気にスタートです!!








コメント

  • おはようございます。
    「逆転の発想」
    さすがです。
    私も勉強、頑張ります!!
    ありがとうございました。

    2020年4月16日 | 諸石

  • おはようございます。
    常に人と違った視点で見る。
    そして客観的な目でも見る。
    複眼ですね。
    コロナ地獄に埋もれるのはまっぴらごめんです。

    2020年4月16日 | つばさ機械

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



トラックバックURL:   http://tubasa-kikai.co.jp/blog/4332/trackback/