失われた30年

tweet share


バブルが崩壊してからの日本はまさに失われた30年と言える低成長です。

世界中でも最も酷い成長率で世界に置いていかれています。

ジャパン・アズ・ナンバーワンは遠い昔の出来事のように思えます。

今や世界の先進国は30年前に比較して数倍の賃金アップを実現している国が

多いなか日本はほぼゼロです。

その間の日本を見ていれば分かりますよね。常にコストダウン至上主義。

良いものを安くが合言葉。

これでは賃金が上がるはずもなく、人件費の安い海外に安易に進出するような事態を

招いたことは必然と思われます。

会社と従業員は常にウイン・ウインの関係がベストです。

政府が示すように単純に賃金アップを民間企業に号令をかけるのはいかがなものです。

さらなる競争力の低下を招き悪いスパイラルに陥ることでしょう。

賃金ありきで景気が回復するなんてことはおよそ現実的ではありません。

うまい!早い!安い!で有名な牛丼チェーンや100円なんとかやら飲食チェーンの

価格は世界まれにみる安さで海外の方々が驚かれています。

今や飲食の世界も海外は金額をアップすする事が常識であります。

このコロナ禍であっても外国の企業は優秀な人材を他社に引き抜かれないように

賃金アップをして引き止めています。

終身雇用の日本ではそのような企業文化は無い為にぬるま湯体制が現実で、

現状維持もしくは年功序列のベースアップに満足しています。

つまり、日本型はコストありきで社会全体が進んでいるので、それでは労働生産性も

上がらずにしいては賃金アップも実現不可能です。

これからは、うまい!早い!だからの価格です!!

当然価格もそれ相応にアップすべきだと思います。

それが結果として企業の収益アップにつながり、賃金アップを実現可能にします。

下請けいじめやひたすらなコストダウン要請は世の中を疲弊させるだけです。

品物を購入する時にコストだけで判断するのではなく、費用対効果含めて

違ったコスト感覚を持たないとこの世の中は何も変わらないと思います。

もちろん消費財と生産財は根本的に違いますが、三方良しの世の中が実現

出来なければ、これからの日本の成長は期待できないでしょう。

弊社は価格ありきで商売していません。

それにはこういった事が根底にあり基本的な理念ですのでご理解下さい。

弊社と取引のある会社全てに利益を分配して成長出来る事が基本です。

ですから失われた30年の経験を生かしてこれからは成長の社会に少しでも

貢献できるように弊社も最大の努力を重ねていきます。



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



トラックバックURL:   http://tubasa-kikai.co.jp/blog/4889/trackback/