火の玉営業の由来

tweet share


フェイスブックの知り合いの方なら火の玉営業の言葉は

荻原の代名詞として認知されていると思います。

あるいは、メーカー様との同行後の感想によくこの言葉が出ます。

この火の玉営業とは・・・

通常の営業も熱く、熱く、行ってますが、この火の玉営業はまさに新春飛翔フェアに

向っての営業活動の言葉そのものです。

新春フェアの約3ヶ月位前から徐々に熱くなり始めて来るのです。

そして、何かのきっかけでスイッチがパチッっとONするのです。

それが今年は10月26日でした。

その日から火の玉営業がスタートして、今日で訪問件数は830件です。

そしてこの火の玉営業は、展示会前日まで続きます。

全身全霊で、徹頭徹尾の熱い気持ちを持ち、命がけでの営業活動です。

ある意味、この間のプライベートは無いに等しいです。

その位の気迫と覚悟で展示会に挑んでいるのです。

今回で5回目の新春フェアですが、今回も間違いなく自分に出来る全力の

努力以上の活動をさせて頂いてますから、絶対に大大成功に終わると確信してます。

何度も言いますが、その為だけの火の玉営業です。

決めた事はとことん最後までやりぬく!

これこそがつばさ機械の荻原の信念です!

最後の最後まで火の玉営業で皆さんの所へ向かいますので

何卒宜しくお願い申しあげます!

さ~て、今日も火の玉営業いざ!出発!!




コメント

  • お世話になっております。お元気でいらっしゃいますか?
    火の玉営業、ご一読させていただきました。
    手応えのある人生とは、圧倒的努力の賜物だそうです。
    圧倒的営業マンとは、車販売でいえば、通常の営業マンが月間5台の新車販売が平均だそうですが、伝説の営業マンは、月間30台、年間360台、販売するそうです。
    私もあなたに負けないように重機を売りづけます。
    圧倒的な努力で!

    2018年5月25日 | 鈴木 俊克

  • この時の5倍の売り上げ規模になっています。
    営業一人の限界数字かと思う時もありますが、
    そこの壁を突破してさらなる高みに挑みます。
    共に精進しましょう!!

    2018年5月26日 | つばさ機械

  • 毎回、ブログを拝見させせいただいております。
    貴方の圧倒的な努力に感動さえ感じます。
    海部八郎が、営業の極意は、知、情、意だと言っていました。
    商品知識の知、人間関係の情、何がなんでもやり抜く意志。
    私くしも、火の玉をなぞられて、圧倒的努力、で人生を駆け抜けて生きたいと思う次第です。
    何かの縁でまたお会いできれば幸いです。
    私も国内外に販路を広げ、北は青森、秋田、仙台、西は和歌山、大阪、京都と東奔西走しております。
    今日もこれから山梨、横浜へ出陣です!

    2018年10月19日 | 鈴木俊克

  • 圧倒的って言われますがこれが火の玉の普通なのです。
    何も32年間変わってません。
    それが自分の最大の武器です。
    地道な努力と志がある限り一生このままです。
    企業の大小関係なくあの人がいなくなったら困るって
    言われるように必死に頑張ります!!
    そして初志貫徹やるとげるのみです!!
    お互いに全力で知力・体力ある限りやり遂げましょう!!

    2018年10月19日 | つばさ機械

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



トラックバックURL:   http://tubasa-kikai.co.jp/blog/888/trackback/