チャンスを掴む

tweet share


ピンチの時は誰でも感じて、あたふたしたり対応に追われます。

どんな時でも直ちに感じますし、事前に察知出来る事もあります。

では、チャンスの時はどうでしょうか!

ここで言うピンチとチャンスは弊社で言えばクレームと機械の注文というような業務の事

ではなくあくまで経営に関してです。

皆さんの工場での毎日の業務の事ではありません。

弊社ももう間もなく設立5年を迎えます。

世の中の環境を考慮しますと、順調にこれた事は大変ありがたい事です。

もちろん、そういう意味でのピンチもなかった訳ではありません。

設立当初は当然キャッシュフローが厳しくて困りました。

しかしその後は皆様のご協力のもとで順調に業績をあげる事が出来ています。

そのような弊社にもチャンスが到来しているのです。

会社の方向性に大きな影響を与えてくれるビッグチャンスです。

そのチャンスだけは必ず掴みます!

意識していなければ、目の前を通り過ぎていたでしょう。

あるいは、チャンスという感覚もなかったでしょう。

常にビジョンを頭に入れて行動して継続していたからこそ感じる事が出来ました。

今振り返ると、会社を設立する時もビッグチャンスだったのです。

その時は、自分は大変なリスクとピンチしか感じていませんでしたが、今は真逆です。

一番怖い事はピンチを感じない事でなく、チャンスを感じない事だと思います。

ピンチの回数の方が多いのが一般です。

ですから、少ないチャンスをしっかりと感じる事!

これこそが最重要です。

その為には、会社のビジョンを明確にして毎日をその達成の為に費やし

そして、継続していればこそチャンスを感じる事が出来ると思います。

チャンスが気がつかない内に目の前を通り過ぎる!

なんてもったいない事がなくなるでしょう。

そして、なによりチャンスを感じたらここは決断!

大きく動く!

直ちに素早くチャンスを掴み実りあるものにする!

ピンチでビクビクする事はありません。

来るチャンスの為の試練だと思って、その時を待ちましょう!

チャンスは誰にでも来ます!

ある意味平等です!

その時をしっかり感じ、掴みとる事を胸に日々邁進しましょう!




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



トラックバックURL:   http://tubasa-kikai.co.jp/blog/946/trackback/