ツールエンジニア掲載

tweet share


夢(ビジョン)を語る会が、以前ツールエンジニアに掲載されました。

夢を語る会 新聞記事

お客様紹介 第1回

tweet share


お客様紹介 第1回  有限会社 鈴木精機 様
                (神奈川県平塚市)

工場主の鈴木社長が操るマシニングは
NC円テーブル仕様です。


折しも当日はマシニングの納入後で慌ただしく
実はここ3年の間に4台の機械設備をされています。
ご夫婦2人で営む工場には機械がずらり
前向きに毎日お仕事頑張っておられます。

※ツールエンジニア「われら町工場」にも掲載されました

鈴木精機・ツールエンジニア記事

※自社製品のツールラック好評発売中!!

鈴木精機ツールストッカー

営業の原点とは

tweet share


営業の原点とは?皆さんも色んな考えは有ると思いますが、自分はこう思います。
メーカーの新人営業マンとして厚木に赴任した頃、右も左もましてや機械も良く理解してない状況で
自分なりに考えて、とにかくお客様に足を運んで自分を認知して頂こうと訪問件数20件を目標に営業活動してました。
その時は自分も若輩者でしたから、大変お客様に可愛がって頂き、色んな事を教えて頂きました。
ある意味お客様に育てられたと言っても過言ではありません。
現在におきましても、お客様約600社を訪問させて頂いております。
ですから、毎日の訪問件数は現在でも10~20社は訪問しないといけません。
そうしますと、一日の時間配分や、巡回の順序、あるいはアイドルタイムを徹底的に削除する為時間の管理が必須です。
昨年の総訪問件数が2600件でした。毎年訪問件数は増えてますが、昨年が最大で超えるペースは無理かなとも思いましたが、
今年は現在までに昨年のペースの2割アップでこのままですと、2900件ペースです。
日々の積み重ねこそが、最も重要な事と確信します。
ですから、営業の基本はフェイストゥーフェイスと信じこれからも日々自分に負ける事なく切磋琢磨で汗を流して足をすり減らして
原点を忘れる事なく頑張りますので宜しくお願い申し上げます。

夢(ビジョン)を語る会in厚木 

tweet share



第4回目の夢(ビジョン)を語る会(厚木)が6月20日(土)
開催されました。その様子をリポートします。
今回は参加人数が18名の為、従来の会場では収容不能の為
急きょ会議室を借りてのスタートです。
(遠方は山梨の都留市からも来られました)
まずは、㈱MSTコーポレーション財津さんの会社の歴史を中心にした
説明です。結構、社内の踏み込んだ話をして頂き皆様の関心をひきました。

続きまして恒例の”先人に学ぶ”のコーナーです。
今回は 泉工業株式会社の塩脇社長にお願いいたしました。
経営者としての有り方、従業員の教育や
自社製品開発→完成に至る苦労をお話頂きました。
人は何故働くのか?という問いかけに皆様考えさせられていました。


そして参加の皆様それぞれの夢(ビジョン)を熱く語るコーナーです。
身振り手振り、各々が熱く今後のビジョンを発表しました。
前向きに会社の展望や夢を語っています。
いつもいつも皆様熱いトークです。



そして恒例の懇親会。
初参加のケイテック・デザインの栗山社長の乾杯の音頭です。
ここでも仕事(夢)の話でヒートアップ
入り乱れて、あちこちでトークバトルが繰り広げられました。


夢は夜ひらくで、二次会へ突入
(写真はわざと、ピンボケにしました)
さらにさらに夜中まで夢を語り、熱い一日は長く続きました。

ご参加の皆様、お疲れ様でした。

決意表明

tweet share


毎年の元旦にその年の決意表明を決定します。
ちなみに、設立の年平成19年から順に次のようにしました。

 ●志高く我に勝つ

 ●貫き通す熱き魂

 ●徹頭徹尾の絆づくり

 そして今年は ”ビジョンに生きる” です。

常に前向きで、短期的・中期的・長期的なビジョンを持って
それに向けて邁進する事こそ重要と考えます。

それが、夢(ビジョン)を語る会のテーマであります。

しかも考えるだけでなく、失敗を恐れずに実行に移す!
まずは、やってみる!
この事を胸に日々活動して行きます。

一日一日の積み重ねこそが、大きな夢への道筋と考えます。
さあ、今日からも一歩一歩しっかりと進んでいきますよ!

ホームページ開設です

tweet share


皆様、日頃は大変お世話になってます。いよいよ弊社もホームページの開設の運びとなりました。
日々の活動やイベントの報告、機械の情報など次々に発信させて頂きますので何卒よろしくお願い申し上げます。
又、皆様からのご意見、ご要望は是非共お寄せ下さい。
積極的に反映させて頂きます。
お客様と夢を共有し、常に挑戦し続け、営業を創造するを胸にこれからも邁進して行きますので宜しくお願い申し上げます。