2012年3月

ターニングポイント

tweet share


ターニングポイントって必ずありますよね。

絶好調だったのが、ある瞬間から絶不調に・・・

あるいはその逆であったり・・・・

個人でも企業でも必ずターニングポイントはあります。

会社が大きな発展をするきっかけ、

個人が幸せをつかむきっかけ、

それは何時も思いがけない所からやってきませんか?

予想もしない展開になったり・・・・

まさかの方向に物事が進みだす・・・

そのターニングポイントって何かと考えました。

無意識のうちに起こる事ですが、

ある意味必然だと思います。

起こるべきして起こる!

無意識ではなくて、やはり深層心理の中でもってるものが表面に出てくる。

そう思うのです。

大きな流れが変化するターニングポイントも必然で必要なのです。

どんな事が起きても必然と信じて対処して行けば、

必ずや良い方向に物事が進むと信じています。

今日も大切な一日をそんな気持ちを持って進んで行きたいと思います。

最後まで諦めない!

tweet share


夢の実現に向けて絶対に最後まで諦めません。

何があっても諦めません。

その為の試練は喜んで引き受けます。

決してそれに負けません。

くじけません。

諦めません。

決意を胸に突き進みます。

必ず実現させます。

出来ない訳がない。

自分を信じます。

死にもの狂いの努力も

気迫も

魂も

全てはその為にある。

やって出来ない事はない。

やれば必ず出来る。

そして、今日もその為に絶対に諦める事なく

前進し続けます。

心が熱くなってきました!

よし!

夢は実現する!!!!

最後まで諦めない決意表明でした。


絶不調宣言

tweet share


ついにやって来ました、絶不調が!

待ちに待った到来です!

やる事、なす事裏目に!

それは見事です!

しかし、次のステップへの大チャンスと考えて

今のこの時間を楽しんで過ごしてます。

何故そうなったかや悲しんでみても何も解決しません。

自分をさらにきつく追い込んで、追い込んで壁にぶち当たって行きます。

このような時間が一番貴重なものだと信じて、

さらなるチャレンジを続けて行きます。

ひるむ事なく、おびえる事なく・・。

絶好調の時期には見えてこないものが沢山見えてきます。

大きな教訓になるこの”絶不調”の時間から学び

つばさはさらなる羽ばたきに向けて逆風の中、羽ばたき続けて行きます!

さらなる発展の為に・・・・。

決断

tweet share


何事も決断なしでは進みません。

しかし、その瞬間は迷ったり、たじろいたり・・・

出来れば様子を見たい・・・

先送りしたい・・・・

様々な要因で決断出来ない事があります。

そんな時にいつも考える事があります。

時間は有限である!です。

進むか否かの決断に迷ってる時間がもったいないと思います。

進むならしっかり決断してその先の事を実行する。

進まないなら、その理由を課題にして計画を練り直す。

決断に迷う時間は何も進まないのです。

何てもったいない時間なのでしょうか!

勇気ある決断及び撤退は必要不可欠です。

何時も決断する事は難題です。

しかしながら、決断をしない事には何も始まりませんし

そして何も終わらないのです。

五感を研ぎ澄まして決断実行で行きましょう!



原点に帰る

tweet share


何かうまくいかなかったり、迷ったりした時に自分は原点に帰ります。

一度原点に帰ると見えなかった事が見えてきます。

小さなベクトルの積み重ねが日常です。

小さな線をつなぎ合わせてのばして行くのが毎日です。

それだけでは視野が狭くなって、どうしても根底が見えません。

ですから一旦0(原点)に返って、そこからの今を見ます。

そうするとベクトルの方向がはっきり見えてきます。

そちらの方向に進むのかが明確にわかります。

広い視野で物事を考えられるからです。

インクリメンタルの毎日ですが、

物事の考え方はアブソリュートで!

常にこのことを頭にいれて毎日を過ごしています。

インクリメンタルは全力で!

そして冷静なアブソリュートの考えを常に持って!

今日もつばさを広げて一日のスタートです!!


夢(ビジョン)を語る会(第10回)詳細決定

tweet share


区切りの10回目の夢(ビジョン)を語る会が

4月14日(土)に厚木で開催されます。

詳細が決定しましたのでご報告させて頂きます。

①.メーカー説明

  研削盤の岡本工作機械様に会社の歴史中心にお話しして頂きます。

②.先人に学ぶ

  サンノー技研有限会社  大野会長様

  神奈川県愛甲郡愛川町で部品加工工場を経営

  現在は2代目長男誉氏に継承して、会長に就任

  趣味の俳句では神奈川俳壇年間賞第一席受賞される俳人でもあります。

  会社の歴史や、苦労談、色んな話をして頂きます。

 ご参加して頂いた皆さんのそれぞれのビジョンの発表会も盛り上がる事でしょう。

 回を重ねるごとに熱気が増す”夢(ビジョン)を語る会”是非共振るってご参加ください。

 参加はフリーですので、我はと思う方はご連絡下さい。

 宜しくお願いします。

 当日、会場は熱気に包まれるでしょう!

 詳細は弊社イベント情報をご参照ください。


    

今日の一言!

tweet share


面白い仕事とは、与えられるものでなくて

自分で作り出すものである

客観的に自分を見る

tweet share


火の玉営業でいつも熱く、エネルギッシュに活動するイメージを

持ってる方がほとんどだと思います。

それは事実ですし自分の武器です。

しかし熱い目とは正反対の冷静な目で自分を見つめています。

しかも全方向から・・・

前から横から後ろからそして上から下から・・・・

冷静な目を持ってないと真直ぐ前しか見えないのです。

客観的な視線で自分を見る事によって、様々な事柄が見えてきます。

大きな方向性は客観的な目で決まると思います。

そして、決まったら熱い目で真直ぐ前を向いて突き進む!

しかも客観的な目を常に失わない!

自分の目と自分を見る目を兼ね合わせて進んでいけば必ずや

ビジョンや目標に到達する日が来ると思います。(ゴールはありませんが・・・)

心眼といいましょうか、

そういった眼力を養っていきたいものです。

これからも長い道のりの中で少しづつでも養っていきます。

熱い自分を冷静に見る・・・・

そして今日も熱い一日をスタートです!



紙一重

tweet share


紙一重

この言葉にいくつもの思いがあります。

チャンスとピンチ

成功と失敗

栄光と挫折

希望と絶望

幸せと不幸せ

この言葉は全部正反対の意味です。

しかし実は紙一重ではないのでしょうか?

チャンスの後にはすぐピンチが来るものです

成功に慢心したら、もしかして失敗の道に

栄光の道を歩いていた人が挫折の人生って話ありますよね

希望に胸をふくらませていたけど、ある日突然挫折で・・・

幸せな人生もある出来事で突然不幸に・・・

全部あります。

いつまでも、明ではなくいきなり暗になる事もあります。

しかしそれを恐れていても仕方ありません。

もちろん、暗から明に変わる事もあります。

ではどうしたら良いのか、

それはそういう事もあると意識して毎日を過ごす事だと思います。

あとちょっと頑張れば成功するのに、継続を止めてしまって失敗する、

それも紙一重の努力の差なのです。

99.9999%頑張っても100%ではありません。

ではあと0.0001%で100%なのでしょうか?

自分はそれはゴールがないものと思います。

ですから紙一重なのです。

最後の最後まで、あきらめないで自分の出来る努力の200%で

頑張って、頑張り抜いてもゴールではありませんが、確実にゴールには近づきます。

しかし、それは成功のゴールに到達したといっても紙一重の真逆があるのです。

つまり、成功の目標に向ってずっと真直ぐに向って行くしかないという事です。

自分は成功したと思った時点で真逆の失敗の影が訪れるからです。

紙一重という言葉は何時も自分の胸の中にしまっています。

いつでも、自分に問いかけます。

努力を続けているか?

慢心はないか?

勘違いしてないか?

全部noです。

これを永遠に続けていくでしょう。





出来ない理由を探さない

tweet share


何か新しい事や難題が生じた時に良く出来ない理由(言い訳)探しが始まります。

特に経験が多い人が多く、過去の体験をベースに言い訳が始まります。

そんな事出来るはずがない・・・・

常識から外れている・・・・

時間がない・・・

人がいれば・・・・

言い訳を始めたらいくらでも出来ます。

しかし、それで事が進まなければ結局何も生まれて来ません。

まずやり始めてみよう・・・

常識でとらわれるのはやめよう・・・

どうやって時間を作るのか・・・・

協力してもらう人を探そう・・・・

とにかく前に進む事を考える癖をつけてみると見えてくる事が沢山あります。

先人の方々(本田宗一郎・松下幸之助)はそんな非常識を常識に変えて来たではありませんか。

比較するのはおかしい・・・

そんな立派な方の話は・・・・

すぐに又言い訳が始まっては何も変わりません。

とにかく第一歩を踏み出す!

踏み出す前に言い訳をしない!

踏み出せば必ず何かが変わります。

様々な障害があってもどうやってそれを克服するか必死に考えて行動が始まります。

そしてさらに問題が起きれば又同じ事です。

そしてそれは大変貴重な経験になって今後の自分の財産になる事は間違いありません。

一歩踏み出さなかったら、得る事は全くありません。

その点では現状維持なのです。

恐ろしい事です。

現状維持は後退と同じなのです。

この激変の昨今の環境の中でも進んで行かなければ未来はないと思います。

千里の道も一歩から!

たった一歩ですが、その歩を進めて行けば千里先まで到達します。

小さな一歩!

されど大きな一歩!

出来ない理由を決して探さずに、

出来る事を見つけて、

踏み出して行きましょう!

毎日、毎日の一歩の継続こそが、

大きな目標の達成の最重要な事だと信じます。

1 / 212