あと一歩!

tweet share


継続は力なり。

努力は決して裏切らない。

夢(ビジョン)を達成するまで決して諦めない。

そして最後にこの言葉、あと一歩。

不断の努力を断行して、し続けて夢(ビジョン)の達成に届かない時に・・。

もう駄目だ、ここまで努力しても無理なら諦めなくては・・・・。

これをはるかな高さの崖を登り続ける事に例えましょう。

登り続けて、登り続けて、果てしない時間が経過しました。

いつまでも頂上はやって来ません。

右手でつかみ、左手でつかみ、登り続け。

上を見る余裕すらなくて・・・・。

あと1回、あと1回と自分に言い聞かせて。

登り続ける。

でも頂上はやって来ません。

もう駄目だ、精根尽き果てて、無理だここまで来るので精一杯。

諦めて引き返す事にしました。

しかし頂上から見下ろす神様だけが知ってました。

たったあと1回手を上げればそこが頂上だったのです・・・。

何千回も手を上げて登って来たのに、あとたった1回で登頂していたのです。

それを知らないのは本人だけなのです・・・。

何て残酷で不幸な話でしょう。

あと一歩!!

決して後悔する事の無いようにこの事を胸に刻んで決して諦めず。

夢(ビジョン)の達成に向けて登り続けて行きます!!

最後の最後まで諦めずに、自分に負けずに!!

最後の1歩まで。



5月営業活動報告

tweet share


総訪問件数は208件でした。

今月は納入が多く、新品・中古を合わせると10数台の納入がありました。

過去最高の単月での納入台数です。

一方、新期引合も活発で中味の濃い話が多くこの先期待を持てます。

6月はものづくり助成金の採択の結果も発表されます。

メーカーの納期が長期化する現状の為に、採択されても間に合わない事が危惧され、

最悪、不採択でも購入するお客様は申請する2/3に及び足元の環境の良さを実感します。

今月も新工場に移設したお客様が2件ありました。

来月、再来月も2~3件ペースであります。

大きな転換期を迎えているお客様が多いのが現実です。

その反面、人手不足は深刻で従業員の増員に苦慮されているお客様も多くあります。

その人手を海外に求めて実際に採用されているお客様も増えています。

今後は設備と共に人材の登用も大きな課題になって来る事でしょう。

いよいよ6月もスタートします!!

早くも一年の半分が終わろうとしています。

時の流れは瞬きの間に・・・。

時間に追われる事なく、時間を追い掛け回す位の気概で突き進みます!!

今日の一言!

tweet share


経営が好きであれば、かりに遊んでいても、そこからふっとヒントを得て、それを経営に有効に活かすことができる。

今日の一言!

tweet share


つまらない仕事なんて絶対に口にするな。 この世はそんなものはない。どんな些細なことでもまじめにしろ。

今日の一言!

tweet share


頑張るのは当たり前で、あえて口に出して言うことではなく、その上で何が出来るのかを考え実行するのがプロでしょう。

逆境にこそ燃えます!

tweet share


自分が一番やる気になる時はまさに逆境の時です!

何をやっても八方塞の時、ことごとく裏目になる時、などなど・・・。

もちろんリーマンショックのような大不況の時もです。

燃えますね~。

何事も言い訳けする事無く、理屈も考えずにひたすら行動あるのみです!!

そんな時こそが本当の実力の見せ所!!

窮地の時こそ真価が問われる!!

後を振り返る事無く真っすぐ前を向いて今出来る事に100%以上の努力を続ける!

もちろんその努力もしっかりとした行動計画・指針に基づき。

頭はクールで行動は熱く!!

常に客観的な目は失わずに達観して突き進む事が重要なのです。

そして、数字として成果が出た時のあの達成感はこれは何者にも代えられません。

自分を追い込んでこそ殻を破って実力が上がるのではないでしょうか?

その反対に自分が一番苦手な時がいわゆる順風満帆な時です。

そんな時は来るべき危機を想定してチャンスはピンチと思い聞かせて、

自分を常に鼓舞しています。

つまり逆境と順風満帆は隣り合わせ、紙一重って事なんです。

常にその事を念頭に置いてこれからも精進あるのみです!!




今日の一言!

tweet share


不景気は商売がうまくいかない原因ではなく、平等に与えられた条件にすぎない。

今日の一言!

tweet share


有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。だが、これは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、かつその人が真に信用ある人なら資金ができぬはずがない。

今日の一言!

tweet share


ギリギリまで自分を追い込めば仕事力が磨かれて、それが閉鎖状況を打ち破る武器になる。

今日の一言!

tweet share


逆境を突破するには、リーダー自身に「熱い気持ち」がないとダメです。「絶対何とかしてやる」という気持ちがあるかどうか。リーダーがとぼとぼ歩いている背中を見ても、誰もついてきません。リーダーは「湯気が出ている背中」を下の人間に見せなければいけません。そうすれば、どんな厳しい状況でも、「この人についていけばなんとかなる」と思って、みんな信用してついてきてくれるものです。