今日の一言!

tweet share


成功はやって来ない、自分で掴むものだ。

今日の一言!

tweet share


99人が右であっても、1人左に進んだ人が創業者として成功する。

負けず嫌いなんです

tweet share


生粋の負けず嫌いなんです。

幼少期からずっとその気質なのです。

遊びから競技まで何から何までが負けず嫌いです。

それは常に真剣勝負という気持ちになってしまうからなのです。

ですから負けた時の悔しさっていうのは半端じゃないです。

勝つまで何度も勝負してみたり・・・・。

でもそのお陰で今があると信じています。

勝負は時の運、やるだけやったから、全力を出したのだから、結果は二の次。

こんな言い訳がましい事は大嫌いなのです。

勝負は強いものが勝つ。やるだけやって、全力を出してそして結果を出す。

これが自分の考え方です。

昔、車のレースで大きな大会であと一歩で準優勝だった事があります。

周りの仲間は祝福してくれましたが、自分は悔しくてその夜は眠れませんでした。

自分にとって2位も100位も一緒なのです。

一番、つまりてっぺんに立たないと気が済まないのです。

そしてその何年後に優勝した時のあの達成感は忘れる事が出来ません。

最高の喜びでもあり幸福感を味わいました。

歓喜の陰には最大の悔しさや苦痛ありです。

こんな自分に時々疑問を感じることがありますが、決して変わらないでしょう。

ですから起業した今、仕事に全精力を注いで自分なりの一番を目指しているのです。

よってレースはもちろんゴルフやその他の趣味も全部止めてしまったのです。

そういった事に足を踏み入れるとどうなるかが自分では分かっているからです。

今は一商入魂!!

これからも負けず嫌いに拍車をかけて全力で突き進みます!!

今日の一言!

tweet share


持てる力を一点に集中させれば必ず穴があく。

4月営業活動報告

tweet share


総訪問件数は219件でした。

機械の納入も多く受注も順調でした。

4月で第12期を終えましたが過去最高の売り上げ及び利益を

大きく更新しました。

本当に有難い事で、感謝の気持ちで一杯です。

そして今月はものづくり助成金の申請の締め切りも終わりました。

採択は6月という事なので来期もこの数字が押し上げの大きな要因に

なってくるのは間違いありません。

世の中の様相も大きな変化はなく工作機械業界は明るい見通しが続きます。

弊社も第13期に向けて気持ちを引き締めてチャンスはピンチを意識して

営業活動や情報提供に心掛けたいと思います。

つばさ会も6月,7月と連続で開催致します。

さらなるネットワークの構築と広がりに大いに尽力させて頂く所存です。

早くも1年の1/3が終了しました。

そして、5月もスタートします。

時間を大切に密度濃く毎日を過ごして行きたいと思います。




今日の一言!

tweet share


途中で諦めてはいけない。途中で諦めてしまったら、得るものより失うもののほうがずっと多くなってしまう。

今日の一言!

tweet share


偉大なことを成し遂げるには、行動するだけででなく夢をもたなければならない。

また、計画するだけではなく、信念をもたなければならない。

今日の一言!

tweet share


成功する人は錐のようにある一点に集中する。

今日の一言!

tweet share


世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら必ず成就します。

プレッシャーに強いんです

tweet share


ここ一番という時に実力を発揮出来るかがまさに真価が問われます。

自分はそういった時に強いんです。

プレッシャーが大きい程やりがいが起き集中力が増すのです。

昨年の10周年記念パーティーのご挨拶も大勢のお客様の前で壇上に上がった瞬間から

天から降り注いで来るように言葉が次々と下りて来るのです。

練習する訳でも無いのに心が熱くなってあの絶叫スタイルでのご挨拶になっているのです。

子供の頃の大きな珠算大会で優勝した時、中学校時代の野球での優勝決定戦の試合、

4駆トライアルでのオールジャパン等の大会のレースのスタートラインの瞬間。

全てが緊張感を楽しんでプレッシャーを感じる事なく結果を残す事が出来たのです。

それら全てがある意味スタートラインに立つまでが勝負。

やる事をやっていれば結果が付いて来るという自信だったような気がします。

冗談で良く言うのですが・・・。

緊張する薬があるならば飲んでみたいと・・・。

それ位にプレッシャーに強いのです。

これがつばさ機械の荻原の最大の強みかもしれません。

そしてこういった事をこの場所で書き込めるのも荻原だからです。

自慢話って思う方は勝手に思って下さい。

そうでない方は荻原と触れてみれば良く分かると思いますよ。

ここ一番のチャンス、そしてピンチには必ず結果を残してますから。

そしてこれからも常に努力を忘れずそして謙虚の気持ちを持って

結果を残し続けますよ。

プレッシャーを楽しみながら・・・。